安全にバーベキューを行うために

###Site Name###

バーベキューは、夏などの暑い季節に人気のアウトドアです。夏休みなどの長期休暇に、家族や友人とバーベキューを楽しむ人は数多くいます。
外の開放的な雰囲気の中で、美味しい食事を食べることは最高です。
しかしながら、バーベキューで気をつけたいこととして、食中毒が挙げられます。

夏になると、毎年のようにバーベキュー時の食中毒のニュースが報じられています。



食中毒の主な要因は、カンピロバクターという肉に付着している細菌です。

肉に触れた手や調理器具から他の食品に菌が付着して、食中毒が広がっていきます。



そこで、ここではバーベキュー時に安全に楽しむためのポイントをお教えします。

まず、肉や魚などの生の食材を持っていく際は、必ず氷を入れたクーラーボックスに入れることが大事です。
この時に、あまりにも食材を詰め過ぎると、すべての食品に冷気が届きにくくなります。

なので、目安としてはクーラーボックスの容量の8割程度まで食材を入れるようにすると良いです。

日本経済新聞についての情報を簡単に探すことができます。

その他の注意点は、生の肉を加熱して食べる時はきちんと火を通すことです。


焼く時間の目安は、肉や魚介類の肉汁が透明になってから1分以上は加熱することです。
そうすれば、ちょうど良い火加減で美味しくいただけます。


最後の注意点は、生肉に触れた際は必ずきちんと石鹸で手を洗うことです。


そのまま放置すると、手に付着した菌が他の食品や調理器具に移ってしまいます。

また、調理器具も洗浄をこまめに行うと良いです。

70度以上の熱湯をかけると殺菌ができるので、おすすめです。